二次会幹事になったら

親しい友人からの結婚報告、誰でも心からおめでとうとお祝いする嬉しい出来事ですよね。そして、その報告に続いて「二次会の幹事をお願いしたいんだけど」と言われた時は光栄でもあり、あまり経験のない方だと動揺もしてしまう事があると思います。けれど友人のおめでたい日の重要な時間、自信を持って臨みたいですね。これから、二次会幹事として成功を収めるために必要な意識や準備についてお伝えします。

先ず結婚式二次会の「成功」とはどういう事なのかについてですが、先ず頭に浮かびやすいのは「盛り上がったかどうか」だと思います。勿論とても大切な事です。続いては「会計で極力赤字を出さない」、こちらもとても大切ですね。その二点は簡単に聞こえますが、細かく見ていくととても奥が深く、入念な事前準備と当日のスムーズな段取りを要します。

参加者に満足してもらい盛り上げる為には、ゲームや映像、新郎新婦のセレモニーやサプライズなどゲストが平等に楽しめるイベントプログラムとそれを解りやすくはっきりと伝える司会進行・食事内容や席数(女性はハイヒールの方が多く、極端に席数が少ないとそれだけで疲れてきます)とゲーム景品やプチギフト等に対するコストパフォーマンス・新郎新婦を迎えるまでの時間の過ごし方等への計画と配慮が必要となってきます。ゲストへの配慮だけではなく、披露宴後で疲れている新郎新婦の二人も快適に楽しんで貰える様な気遣いも是非お忘れなく。

関連サイト……二次会のゲーム景品購入できる『マイルーム』

そしてその上で赤字を出さない為に、値段を抑えられる部分はしっかり締めていく事が重要ですね。こう述べていくだけでは読者の方を混乱させてしまうだけかと思いますので、実際に行動すべき内容を以下でご紹介します。